がんばっぺ フラガール

今日は午後から時間がとれたので、「がんばっぺ フラガール」という映画を観てきました。
私は臆病者なので、いまだに被災の現実から目をそむけているところがあります。
しかし、少しずつ記憶が薄らいできている気もしていたおり、この映画の事を知りました。
私は、小学2~5年生までいわき市に住んでいました。
自然あふれる美しい土地で、自由気ままに育った時間でした。
舞台となっている「スパリゾート・ハワイアンズ」にもよく連れて行ってもらいました。
当時はまだ、「常磐ハワイアンセンター」という名前でした。私のいた当時はもう炭鉱の町という感じはだいぶ薄れていました。これも、この「常磐ハワイアンセンター」というプロジェクトに関わった方達の必死さのおかげだったと思います。
その私の第二の故郷のスクリーンの中の現実と、幼き日の楽しかった思い出とのギャップで涙が止まりませんでした。
その中で、社長さんの「やらなきゃ生きていけない」という科白が、私にも活が入りました。
観てきて良かったです。[emoji:v-218]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA