体幹トレーニング

以前書いていたと思いますが、息子は小学生の時R天さんのベースボールスクールにお世話になっていました。
夏が終われば、春まで息子がたらけないようにと思って、夏前にベースボールに申し込んではみたものの、空きが無いという事でお断りされていました。
ところが、昨日メールがきまして九月から定員枠が少し広がったとの事での案内でした。
しかも、今日の午前までの返事ということでした。
まだ、息子も帰ってきていないので困ってしまいましたが[emoji:v-394]、最近はまた野球に対して楽しくやれているようでしたので、聞かないまま申し込みました。[emoji:v-414]
そこへ帰ってきた息子から監督からのプリントを渡されました。
内容は今後の三年生の活動予定でしたが、簡単に説明しますと今までと変わらないという事でした。
ただ、練習試合や公式戦が無いというだけで、毎日野球漬け(本当に漬け物になりそうです)というありがたいものです。
息子に一応聞いたら、「行く。」というので、また今までと変わらない日々になりそうです。
さて、このブログにもリクエストがありましたので、それについて少し書きます。
体幹のトレーニングについてです。
どんなスポーツでも体幹の強さは重要です。先日の世界陸上で金メダルを獲得した室伏広治選手の記事でも見たのですが、腰を故障してから特に体幹のトレーニングを重要視していたようです。
私が息子に教えた方法としては、まずは懸垂です。
順手
できたら、順手と逆手両方が望ましいです。
それから、このポーズのまま1分。(3分できるまで)
体幹1
手はできるだけ上にもっていきます。
これができたら、次は手と足を対角線に挙げて1分。
体幹2
反対で1分。
体幹3
まだ手足の挙げ方が不十分ですが、まずはしょうがないです。
そして、最終段階がこのポーズでハイハイする。(たぶん、室伏選手はこういうハイハイをいっていたんだと思いましたが違っていたらすみません。)
こんな感じですが、リクエストにお応えできたでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA