春の遠征

 昨日息子からプリントが渡されました。
 私としては一番ドキッとする瞬間です。
 予想通り来月の春休み中の遠征の詳細でした。
 毎年春休み中に関東方面へ遠征するのが恒例なのですが、今年は少々?違います。
 去年の納会の時にお話は聞いていましたので、心の準備はできているのですが、「費用はいくら位かなぁー」と家内と話していたものでした。
 プリントに書かれていたのは、9泊10日75000という内容でした。
 仙台からまず静岡まで行き、去年の全中優勝の○葉橘中さんを皮切りにOP戦。
 
 それから和歌山県に行き今年の全中会場である紀三井寺球場、和歌山市民球場での練習とOP戦。
 
 普通なら(これでも普通ではないのでしょうけど・・・。)これで戻ってくるのでしょうけれど、うちの先生はさすが違います。
 
 「折角なので」という科白とともに、帰り道も有効にするためにさらに三重県に寄り、去年の全中準優勝チーム海○中さん、また静岡に寄り常○橘中さんとOP戦、それからようやく毎年恒例の関東方面のチームさんとのOP戦となり、千葉県流山市から東京都江戸川区、千葉県富津市、最後に東京都あきる野市となりようやく帰仙というものすごいスケジュールです。
 最後のあきる野市にある東○大学付属菅○中等部さんへは去年私も近くにいたので行ったのですが、生徒さん達も父兄会の方達もとてもしっかりまとまっていて活気がかなり感じられました。子供達もとても良い刺激になっていると思います。
 
菅生2
去年の様子。
菅生1
 
 去年は風がとても冷たく寒かった事を思い出します。(東京区内ははもう桜が満開だったのにここはまだでした。)父兄会の方で豚汁の炊き出しをしてくれていまして、ぶらりといった私にまでお持ちいただきました。たいへん恐縮でした。大変おいしゅうございました。
 東京へ転校して行ったヒコスケ君がお母さんと応援に来ていましたっけ。高校でも野球をしたいと言っていましたが、どうしているのかと思い出しました。
 今年も機会があるのであれば行ってみたいのですが、家内にはとても言い出せそうにありません。
 子供達はこの遠征でまた一回り成長してくれると願って、また小遣い節約の日々に突入です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA